ショップのイメージを決めるオリジナル紙袋

男の人

防犯性が高い

名札

名札の今後の機能的進化予想

現在企業で用いられ名札は大抵、社名また部門名/氏名といったものが記されていることが主流です。ただ、近年は様々な技術が進歩していることから氏名や部門だけの情報ではなく、入室管理や勤怠管理に使うべく交通機関の非接触プリペイドカードのようなICチップを付加することも予想されます。このように名札を、単純に所属先や名前が書かれた札から機能性を付加した個人認証手段を名札に持たせたものが普及する事が考えられます。要は、名札の単なる所属先や名前を表示した札からキーへの進化です。従来よく使用されていた名札というのは、紙製や紙片を挟んだタイプの名札です。こうしたタイプであれば、コンビニなどでカラーコピー機が容易に使用出来るため偽造もまた容易です。低コストで作成することが出来る名札というのは、防犯面には優れていません。

従来型の札は偽造と複製が容易

専門の名札印刷業者へ依頼することによって、高機能でデザインに優れた名札の作成をしてもらうことが可能です。印刷技術の進歩によって防犯性が高く、様々な機能が備わった名札が完成します。ただ、紛失に対する注意が今まで以上に必要となりますので、名札を注文すると同時にスタッフの教育も必要です。名札の全体的なグレードは高くなりますが、価格は上がりません。日本は不況が続いているので、どのような商品でも安くなければ売れません。名札印刷業者も同様で、安くなければ売れないのです。利用者からすると価格競争している方が利用しやすいので現在、名刺印刷をするには絶好のタイミングといえるでしょう。